ユーザー名:guest  赤ちゃんの名前:匿名

「成人T細胞白血病(ATL)」の感染ルートと初期症状および予防法

カテゴリ:妊娠の基礎知識
タグ:母子感染症

成人T細胞白血病とは?

成人T細胞白血病(ATL)は白血病ウイルスの一種であるヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-1)の感染によって引き起こされる血液の癌です。
現在は妊婦健康診査の標準検査に含まれるHTLV-1抗体検査で感染有無が分かります。(但し偽陽性の場合もあります)
ATLは40歳以上で年間1000人に1人の割合で発症しています。
現時点では、成人T細胞白血病の有効な治療方法はなく、発症後の予後は不良です。

感染者の地域差

なお、ATLは感染者の割合に地域差があり、九州を中心とする西南日本紀伊半島三陸海岸北海道などに比較的多い状況です。
但し居住地を変更する場合があるため、大都市圏においても発生しており、近年は増加傾向にあります。

感染ルートは?

妊婦の感染ルート

主な感染ルートは以下になります。
感染ルートで最も多いのは母子感染であり、母乳による感染が殆どです。
  • 輸血
  • 性行為
  • 母子感染

母子感染のルート

母子感染の殆どは、母乳を介して起こります。

初期症状は?

成人T細胞白血病の初期症状は殆どありません。
しばしば、以下の症状が現れます。
  • 全身のリンパ節の腫れ
  • 肝臓や脾臓の腫大
  • 皮膚紅斑
  • 皮下腫瘤などの皮膚病変
  • 下痢や腹痛などの消化器症状

出産や胎児へのリスクは?

成人T細胞白血病キャリアの母親が母乳を与えた場合、4ヶ月以降もそのまま母乳を与えた場合は母乳感染し、赤ちゃんもキャリアとなります。

予防方法は?

母子感染を確実に予防する方法は現在ありません。
母子感染は母乳を介して起こる割合が全体の20%を占めるため、母子感染率を低下させるためにインフォームドコンセントを通じて以下が実施されます。
  • 人工栄養(母乳感染を予防するために断乳します)
  • 短期母乳(生後3ヶ月以内のみ母乳を与えます)
  • 加工母乳(搾乳して一定期間冷凍保存した母乳を与えます)
※短期母乳は3ヶ月以内であれば、母体からの移行抗体が存在するため感染率は低いためです。(3ヶ月以内の感染率は約3%ですが、4ヶ月以降になると急激に増加します)
※加工母乳は冷凍母乳であり、-20℃で24時間冷凍させたものを温めて与えます。

但し断乳し、一切母乳を与えない場合であっても、感染確率はゼロにはなりません。

検査方法は?

血液検査で調べます。
スクリーニング検査では偽陽性となる場合もあり、二次検査ではウェスタンブロット法が用いられます。

なお、ATL検査(HTLV-1抗体検査)は、2010年10月より、妊婦健康診査の標準検査項目に含まれるようになりました。
その理由は潜伏期間が長い場合があるためです。

ウェスタンブロット法

ウェスタンブロット法をざっくり言うと、電気泳動でゲルとタンパク質を分離し、タンパク質を抗体と反応させてウイルスを検出します。
タンパク質を分離した際、タンパク質をメンブレンに移動して固定化し、ブロット(ブロットメンブレン)を作製するのが特徴です。

治療方法は?

根本的な治療方法はなく、抗癌剤などの投与により進行を遅らせる治療(化学療法)が実施されます。
しかし、ATL細胞には、抗癌剤が最初から効きにくい、あるいは途中から効きにくくなる性質があり、化学療法に抵抗性を示す場合があり、このため予後は極めて不良なのが現状です。

公開日時:2016-05-29 15:58:27

このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎知識の記事一覧

すべての記事一覧

「母子感染症」に関する他の記事
「妊娠の基礎知識」に関する他の記事
「基礎知識」の見出し一覧

このページのトップに戻る