出産予定日や妊娠週数から最終月経開始日を逆算

最終月経開始日の計算機です。
出産予定日や現在の妊娠週数を基に、最終月経の開始日(妊娠0週0日)と推定受精日(妊娠2週0日)の日付を逆算して表示します。
※出産予定日は分娩方法や胎児の発育状況などから必ずしも妊娠40週0日とは限りませんが、WHO(世界保健機構)の定めに従い妊娠40週0日を出産予定日としている事を前提とします。
※最終月経の開始日からの「妊娠週数・胎齢計算機」、最終月経の開始日から胎齢266日(妊娠40週0日)までのカレンダーを生成する「胎齢・妊娠週数カレンダー」も是非ご利用ください。

出産予定日から計算

出産予定日を指定してください


出産予定日を保存して次から自動計算

最終月経開始日
推定受精日

今日の妊娠週数から計算

今日の妊娠週数を指定してください


最終月経開始日
推定受精日

最終月経の開始日とは

最終月経(生理)の開始日は、妊娠週数の開始日(0週0日)として、妊娠週数を数える際の基準日として利用されます。
また、WHO(世界保健機構)では最終月経の開始日から2週後を排卵日(受精日)とし、40週後(妊娠持続日数280日)を出産予定日とすべきと定めており、日本の産婦人科もそれに倣っています。
ただし、その後の胎児の発育状況(具体的には妊娠9週〜11週頃のCRL)に応じて、医師により妊娠週数が修正されたり、出産予定日が変更される場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップに戻る