赤ちゃんを連れて新幹線で旅行 ベビーカーは?

ベビーカーの置き場所と席の取り方

6ヶ月くらいを超えると、そろそろ赤ちゃんを連れて旅行にも行きたくなります。
しかし、ベビーカーも一緒に持って行くとなると置く場所が気になるところ。
特に新幹線など、乗り物の場合、最悪座るスペースがベビーカーで占拠され窮屈な思いをする羽目になる事もあります。

まず、新幹線は最後列座席を取りましょう。
最後列の席を取れば、すぐ後ろにベビーカーを置くスペースがありますので、足場が占拠されることなく快適な旅が出来ます。
どうしても取れない場合は、最前列でもいいですが、普通の座席に比べて足元が少し広いものの、ベビーカーを置くとかなり狭くなります。
また、B型のベビーカーなら何とか置けますが、A型は厳しいと思います。

また、中途半端な場所を取った場合は最後列のスペースに置くことになりますが、その場合は車掌さんなどに、予め置くことを伝えておく必要があります。

最後列のスペースはかなり広めですが、他の人の荷物も置かれるため、降りるときは込み合う前に早めに取り出しておく方がいいです。
その点最後列の席を取っておけば、すぐにベビーカーを触れるので、取り出すのも早いし楽です。

ちなみにベビーカーを畳むと車輪の部分の埃が服や、荷物に付着する恐れがあるので、カバーをかけておく事をお勧めします。

多目的室の利用

また、席を取る車両は、すぐ後ろの車両に多目的室がある車両がお勧めです。
赤ちゃんが泣き出したりなど、手がつけられなくなった場合に非常に助かります。

多目的室の設置号車

編成 設置号車
16両編成 のぞみ、ひかり、こだま 11号車
8両編成 ひかりレールスター、こだま 7号車
4・6両編成 こだま 3号車

「JRおでかけネット」「車両に関するご案内」より

公開日時:2010-05-18 10:08:56

このエントリーをはてなブックマークに追加

「乗り物豆知識」に関する他の記事

「乗り物豆知識」に関する他の記事はありません。

「旅行のお役立ち情報」に関する他の記事

「旅行のお役立ち情報」に関する他の記事はありません。

「旅行のお役立ち情報」の関連タグ一覧
「お役立ち情報」の見出し一覧

このページのトップに戻る