日めくり赤ちゃんモバイルのトップページへ移動
ユーザー名:guest
赤ちゃんの名前:匿名
新規登録 ログイン

「やだ!」が常套句に

赤ちゃんの年齢:2才4ヶ月

最近は大分言葉も覚えて、「まだ食べる」や「嫌だ何か違う」など、要求が激しくなって来ました。
そんな中で特に多いのが、幼児の常套句「やだ、〇〇〇」です。
とにかく何かしてあげると何にでも「やだ」というので本当に何がして欲しいのか分からず困ります。
となりのトトロのメイちゃん以上のわがままさです。
しかし、これも成長の一過程なので、なるべく上から押さえつけず、聞き入れるようにしています。
子供の頃にわがままを抑止されては、萎縮し、ストレスになるだけですから。
また、この頃は自分の考えも複雑になり、対応するのも難しい時期になってきました。
機嫌が悪いと癇癪を起こしそこら辺のものを放り投げたり、手でグチャグチャにします。
と言っても何に腹を立てているのか、どうして欲しいのかをまだ上手く伝えられず、更に癇癪を起こすという具合です。
本人は何かに不満を感じていると思うのですが、もしかすると、自分でも何に怒っているのか分からない場合もあるのかもしれません。
その典型的なパターンは昼寝の寝起き時に夜泣きのごとく我を忘れて激しく泣きじゃくる事です。
この点だけはまだ赤ちゃんのままで、何故泣くのか不思議です。
もちろん熟睡した後はそんな事はありませんが、睡眠が不十分な時にそれは起こります。
確かに大人でも、寝ている時に、中途半端に起こされると機嫌が悪くなりますが、それと同じでしょうか。
などと考えながら、成長を見守っています。

投稿日時:2011-01-05 23:51:49

育児Note一覧

このページのトップに戻る