日めくり赤ちゃんモバイルのトップページへ移動
ユーザー名:guest
赤ちゃんの名前:匿名
新規登録 ログイン

ある程度の会話が出来る時期

赤ちゃんの年齢:2才3ヶ月

気が付けば、ある程度普通に会話ができています。
というのも言語能力が飛躍的に向上する時期ですが、毎日見ているとその飛躍振りが、分かりにくいのです。
例えば、今日は虫(蜘蛛)が部屋に入り込んでいて、まだどこかに潜んでいるので「虫さんどこかな?」と訊くと、「そうだ、みんなで呼んでみよう、おーい虫さん」と話しました。
こんな感じで、もう言った事を理解して、自分の思った事をちゃんと喋れます。
言葉を覚えるというのは、真似を繰り返していく内に、その言葉自体の意味を次第に理解していくのだと思うのですが、その能力自体が理屈を超えた所にあるため、あまり深く考えず、ごく自然の事だとして見過ごしているのでしょう。
もちろん自分もそうやって言葉を覚えたわけだし、人間にとっては特別なことではないのだと思います。
ただ、言葉を喋るのは人間だけだし、人間でも原始人はちゃんとした言葉を喋らなかったでしょう。
そう考えると、赤ちゃんが言葉を喋るのは現代人の遺伝子と言語にあふれた社会が成せる技なのだと思います。
子供が言葉を覚える事は、テレビという要素もありますが、パパ、ママとの会話がほぼその子の言語能力の基本を構築するのだなぁ、と改めて感じます。
ただ、どこでこの単語や言い回しを覚えたのかなと思う事も多々あり、考えれば考えるほど不思議です。
ある意味赤ちゃんは地獄耳です。

投稿日時:2010-11-23 01:40:36

育児Note一覧

このページのトップに戻る