日めくり赤ちゃんモバイルのトップページへ移動
ユーザー名:guest
赤ちゃんの名前:匿名
新規登録 ログイン

妊娠週数・胎齢計算機

妊娠週数および胎齢の計算機です。
最終月経の開始日を基に、現在の妊娠日数妊娠週数胎齢推定受精日出産予定日出産までの日数を何日または何週何日かで表示します。
※月経周期は28日、排卵日(受精日)は最終月経から14日後での計算となります。
※満での数え方になります。つまり最終月経開始日を妊娠0週0日とします。
※最終月経開始日からの単純計算ですので、あくまでも目安とお考えください。
※胎児の身長はHaase法(妊娠40週で50cmとする)、胎児の体重は榊法(妊娠40週で3000gとする)に基づいて計算しています。

最終月経の開始日を指定してください


妊娠日数
妊娠週数
胎齢(日数)
胎齢(週数)
推定受精日
出産予定日
出産までの日数
胎児の身長
胎児の体重

妊娠週数とは

妊娠週数は大まかに言えば、字のごとく妊娠期間における週数を表す言葉です。

但し、受精した日から数えるのではなく、通例として、最終月経の開始日を妊娠0週0日として数えていきます。
そのため、妊娠0週と1週はまだ受精していない期間になり、妊娠に気づくのは受精卵が着床する時期にあたる妊娠3週頃という事になります。

また、便宜上、最終月経の開始日から14日目(妊娠2週0日)を受精日とみなし、胎齢0週0日とします。
そして妊娠40週0日(最終月経の開始日から280日目)が出産予定日になります。

なお、基礎体温法で排卵日が確認できている場合は排卵日から266日目が出産予定日になります。
この場合、必要に応じて、排卵日から266日目を出産予定日である40週0日として、そこから現在の週数を逆算して妊娠週数を修正する場合があります。

妊娠週数と妊娠期の違い

妊娠週数は最終月経の開始日からの期間を表すものですが、それに対して妊娠期は受精卵が着床してから分娩開始までの期間を示します。
というのも妊娠の始まりの定義は、受精日ではなく、「受精卵の着床から」とされているからです。
そのため、着床前の期間である妊娠2週頃は妊娠期にあるとは言えません。

妊娠周期とは

よく使われる妊娠周期という言葉は正式な定義はなく、妊娠週数と同じ意味で使うこともあれば、生理周期に対して、妊娠しやすい周期、つまり排卵周期を指す場合もあるかもしれません。
もし後者を意味する場合は、妊娠週数とは全く異なる意味になります。

排卵日は一般的にはオギノ式で生理開始予定日を基に、計算である程度推定する事はできますが、生理周期が安定していない場合などは、計算は難しくなります。
実際の排卵日をより正確に知るためには、計算ではなく、基礎体温表を作り、基礎体温の変化から判断する事が推奨されます。(基礎体温法)

胎齢と妊娠週数の関係

上述したように、妊娠2週0日が胎齢0週0日になります。
もちろん、人によって排卵日は異なり、最終月経(生理)開始日から、14日目に排卵が来るとは限らず、また排卵日に受精するとは限りません。

あえて言えば、一般的に排卵日の計算として用いられる計算方法は、上で少し触れましたが、最終月経の開始日からではなく、次の生理開始予定日の14日(±2日)前になります。(オギノ式)
つまり、最終月経の開始日から数えるのは、生理周期が28日である場合を想定した計算方法となりますが、便宜上、そのような数え方を行っているという事です。

また、最も妊娠しやすい時期についても、実際には排卵日ではなく、排卵日前の2日間です。
したがって、受精日や胎齢についてもあくまでも便宜上の数え方であり、目安程度の意味しかなく、必ずしも正確な日数ではありません。
同じ妊娠週数であっても、人によって胎児の身長(頭殿長)や体重が異なるのはこのためです。
そのため、同じ妊娠週数であるのに、胎児が小さい、あるいは大きいと不安になる事はありません。

なお、胎児の頭殿長(CRL)や妊娠12週以降は児頭大横径(BPD)から、医師はより正確な妊娠週数や受精日、胎齢を判断し、修正する事ができます。
胎児の成長目安

妊娠週数ごとの胎児と母親の状態

妊娠月数妊娠週数胎児の状態母親の状態
1ヶ月0週未受精妊娠初期
最終月経の開始
1週
2週受精
24時間後から卵管を通りながら細胞分裂(卵割)の開始
排卵(正確には排卵の2日前くらいに受精)
3週着床し胎芽となる妊娠検査薬で妊娠がわかるようになる(排卵から12日前後、着床から3日後くらいから)
生理が遅れていることに気づき始める時期
2ヶ月4週神経細胞や脊柱が現れる
5週心臓が動き始めるコーヒーや紅茶などのカフェインの胎児への影響が出始める時期
6週エコー検査で胎芽の心拍が確認できるようになる
胎嚢や心拍から多胎妊娠の確認が可能になる
つわりが始まる
一部の妊婦は散発的な前駆陣痛(ブラクストン・ヒックス収縮)を感じ始める時期
7週
3ヶ月8週すべての器官、筋肉と神経が機能し始める
9週
10週受精から9週目(胎齢8週)以降は胎児と呼ぶ新型出生前診断の時期(妊娠14週頃まで)
11週心拍数が毎分157回くらい(ピーク)
4ヶ月12週「足踏み反射」などの反射が始まる
13週
14週
15週羊水検査の時期(妊娠18週頃まで)
5ヶ月16週「固有受容感覚」や「握り反射」が始まる妊娠中期
ここからは安定期に入る
17週
18週
19週
6ヶ月20週赤ちゃんの器官がすべて出来上がる赤ちゃんが動いていることが分かり始める時期
妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の注意が必要な時期
21週人口妊娠中絶ができるのは妊娠21週6日まで
22週早産期
この時期に生まれた赤ちゃんは約20%が生存可能
23週
7ヶ月24週ほとんどの感覚器官が成熟つわりが終わり心地のいい時期
25週
26週
27週
8ヶ月28週「驚き反射」や「吸い付き反射」、「しゃっくり」が始まる妊娠後期
29週
30週
31週
9ヶ月32週レム睡眠が始まる
体重が1800から2700グラムと大きく増える
体重増加により足首のむくみ、背中と足の痛みが出始める
33週
34週
35週
10ヶ月36週赤ちゃんが下に下がり始める恥骨痛が起こり始める
37週正産期(臨月)
38週本陣痛の1週間くらい前から、より激しく、頻繁な前駆陣痛を経験する場合がある
39週出産

このページのトップに戻る