日めくり赤ちゃんのトップページへ移動
ユーザー名:guest
赤ちゃんの名前:匿名
新規登録 ログイン

1歳半頃の意思表示(わがままの始まり)

カテゴリ:育児の基礎知識
タグ:精神の発達

好き嫌いの感情

1歳半を過ぎて、自分にできること、できないことが分かってきて、したい事、したくない事の欲求が出てくると、わがままになってきます。

例えば携帯動画を見たいとき、テーブルの上の携帯電話を取り、パパやママに渡します。
これは携帯電話で動画を見れることは知っていますが、見方が分からないため「動画を見せて」と親に渡しているのです。
そこで、携帯電話をわざと閉じたり、そのまま返すと癇癪を起こして首を振ったり、携帯を押し戻したりします。

また、食事の時も欲しくないものを口に持っていくと、ぷいっと横を向いたり、首を振ったり、投げ捨てたりします。

コミュニケーション能力の飛躍的な向上

わがままになり対応が大変になる反面、子供がしたいこと、して欲しいことがよく分かるようになり、コミュニケーションという面では飛躍的に内容が進化します。

欲求をぶつけてくることで、親にとっては子供が今何がしたいのか、何ができないと思っているのかが分かり、子供が考えていることが分かりやすくなるのは、たとえわがままでも、子供の欲求が分からないであたふたするのに比べれば、遥かに建設的な悩みでしょう。

更に多くの言葉を覚え、話し始める2歳頃になれば、更にコミュニケーションの幅が広がるため、この時期の子供への対応は特に大切にしたいですね。

公開日時:2010-02-22 11:53:46

「精神の発達」に関する他の記事

「精神の発達」に関する他の記事はありません。

「育児の基礎知識」に関する他の記事

「育児の基礎知識」に関する他の記事はありません。

「育児の基礎知識」の関連タグ一覧
「基礎知識」の見出し一覧

基礎知識の記事一覧

すべての記事一覧

このページのトップに戻る